HOME > よくあるご質問 > Windows版アプリ > 全般 > よくあるご質問詳細

全般

フォルダを右クリックして切り取って貼り付けをしても、フォルダが復活する場合があるのはなぜですか。

切り取り⇒貼り付けの場合、貼り付け先のドライブの場所によって動作が異なります。

仕様は下記の通りです。

●フォルダが消えない場合
どこでもキャビネットフォルダと同一のドライブ内へ貼り付けた場合

例:Cドライブのどこでもキャビネットから、Cドライブ配下のローカルフォルダ(デスクトップ等)

同ドライブ配下の切り取りの場合、Windows版アプリでは「切り取り」の検知ができないため、削除ができません。

そのため、「切り取り」により、一時的にフォルダが消えたように見えますが、10分同期によって削除予定のフォルダが復活する(見える)ようになります。

●フォルダが消える場合
どこでもキャビネットフォルダとは別のドライブへ貼り付けた場合

例:Cドライブのどこでもキャビネットから、DドライブやUSB等他のドライブのローカルフォルダ

別ドライブでの切り取り貼り付けは"削除"→"作成"となるため、Windows版アプリで検知ができるます。

そのため、想定通りの動作として「削除」する事ができます。

※ ファイルに対して行った場合は上記のどちらの操作でも元ファイルは消えます。
※ 本現象は「フォルダ」に対して行った場合に発生いたします。