HOME > お知らせ > サービス関連情報 > 2019年 > 2019年1月23日

サービス関連情報

【Ver3】Windowsクライアント版アプリ 不具合のお知らせ【2/13 更新】

2019年1月23日

お客様各位

たよれーる どこでもキャビネットVer3をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、どこでもキャビネットVer3にて下記不具合があることを確認しました。
発生する不具合ににつきましては下記をご覧ください。

ご利用中のお客様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
修正までご不便をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

更新内容詳細:
2019年2月13日:修正予定日の更新、新たに確認されたアクセス権エラー不具合を追記

現象が発生するバージョン どこでもキャビネット Windowsクライアント版アプリ Ver3.0
修正予定 2019年2月27日(水)
■発生する不具合
  • ドラッグ&ドロップでフォルダをどこでもキャビネットに移動すると、アップロードされない。
    ローカルにあるフォルダをドラッグ&ドロップでどこでもキャビネット内に移動した場合、該当フォルダの中を表示されるまでファイルがアップロードされません。
  • 【回避方法】以下いずれかを行ってください。
    • どこキャビに移動したフォルダの中身を順番に表示する
    • 「移動」ではなく、「コピー」を利用する
  • 0バイトファイルが登録される。
    通信が不安定な状態で、一度に大量のファイルをアップロードすると、元のファイルが退避フォルダ内に移動され0バイトファイルとして登録される場合があります。元のファイルは退避フォルダ内にございますので、そこから復旧させてください。
  • 【回避方法】
    • 一度に大量のファイルをアップロードしない
  • 該当キャビネット配下のフォルダー/ファイルでアクセス権エラーが発生する。
    管理者がアクセス権を変更した後、アプリで該当キャビネット配下のフォルダー/ファイルの操作時にアクセス権エラーが発生する場合があります。
  • 【回避方法】
    • 対象フォルダーを表示して、「Ctrl」ボタンと「F5」ボタンを同時に押下する
  • 対象ファイルの操作(更新、移動、登録)を行った際に権限が無い場合は、アクセス権エラーとなり退避フォルダに移動されます。