HOME > お知らせ > サービス関連情報 > 2019年 > 2019年12月20日

サービス関連情報

【Ver3】Windowsクライアント版アプリ 不具合のお知らせ

2019年12月20日

お客様各位

たよれーる どこでもキャビネットVer3をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、どこでもキャビネットVer3にて下記不具合があることを確認しました。
発生する不具合につきましては下記をご覧ください。

修正準備ができ次第、こちらのお知らせにてご連絡いたします。
ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

現象が発生するバージョン どこでもキャビネット Windowsクライアント版アプリ Ver3.0
■発生する不具合
  • 下記操作をすると、編集を終了していないのにアプリ側は「編集終了」となるが、どこでもキャビネットサーバー側は「編集中」のため、他の人が編集できない。
    <影響のある操作>
    編集機能を使って「編集中」状態でファイルを開き、上書き更新を実施。その後、エクスプローラでフォルダ移動し、更新したファイルがあるフォルダを再表示する。
 【回避方法】
    下記作業を実施してください。
  • 該当のファイルを右クリックし「ファイルバージョンを表示する」をクリック
  • ブラウザ画面が表示されますので、「編集を終了する」ボタンをクリックして、編集を終了させる
  • ファイルがいつまでも「処理中」になって同期がされない。
    ファイルを更新し、更新情報をどこでもキャビネットサーバーにアップしているタイミングで通信が不安定な状態になると、ファイルが「処理中」のままとなり、その後の編集が反映されない場合がある。
 【回避方法】
    下記作業を実施してください。
  • スタートメニューにある「どこでもキャビネットアプリ停止」をクリック
  • アプリの停止後、スタートメニューにある「どこでもキャビネット アプリ開始」をクリック
  • 下記条件の場合、「サーバー最新状態確認」を実行しても、エクスプローラの一覧の「更新日時」が更新されない。
    <条件>
      -どこでもキャビネットサーバーでファイルが更新されいる
      -該当ファイルが自動ダウンロードに設定されている
      -該当ファイルが入っているフォルダを選択して「サーバー最新状態確認」を実行した、
    または最後の該当フォルダを表示してから、7日間以上経過している 。
 【回避方法】
    ファイルを開いたタイミングでサーバーと同期して最新版を取得しますので、該当ファイルを1回開いてください。
備考 次期バージョンで修正予定です。