Windowsサーバー版アプリとクライアント版アプリの違いについて教えてください。

以下がクライアント版アプリとの違いになります。

  • オプション提供
    Windowsクライアント版アプリは無償ですが、Windowsサーバー版アプリはご利用にあたり、オプション(月額 2,000円)をお申込みが必要です。
  • ログオン不要
    オンデマンド同期のためご利用の際にログオンが必要なクライアント版アプリと異なり、サーバー版アプリはログオフ状態で稼働することが多いサーバーOS運用を想定してログオンが不要です。
  • すべてが自動ダウンロード
    すべてが「自動ダウンロード」となるサーバー版アプリは、すべてのファイルがローカルにダウンロードされている状態となり、ローカルのディスク容量を利用します。ログオンが必要な仮想/自動ダウンロード状態の設定変更の必要がなく、シンプルな管理になります。
  • キャビネット単位での同期設定
    サーバー版アプリではキャビネット単位での同期設定のため、どこでもキャビネットのキャビネットとローカルフォルダーを1対1でマウントができ、必要なキャビネットからの同期ができます。

詳細についてはこちら新しいタブで開きますもあわせてご参照ください